はなのなブログ

カナダにワーホリ中。絵本作家になりたい人。食べ物・ゼロウェイスト・お役立ち情報etc.

【アート情報】バンクーバーで安くアートを学ぶ方法

f:id:ekotobanohana:20190511100908j:plain
 

「アートを学びたいけど、大学や専門学校に行くほどのお金はない」

「海外のアートを短期間で学びたい」

「アートの経験ないから、すぐに美術学校に通うのは不安」

 

ワーホリに行く前、自分自身が同じような悩みを持っていました。美術の大学行ってみたいけど、授業料や生活費など含めて年間100万以上の出費は無理…。そもそもワーホリでバイトもしながらだから、フルタイムでの授業は受けられない。さらにいえば、美術の大学出てるわけじゃないから、知識や技術も乏しい上に英語力もない。

 

そんな中、バンクーバーの美術学校を探しているときにEmily Carr University of Art and Design(エミリー・カー美術大学のWEBサイトを見つけました。

そこでは学生向けの授業だけでなく、一般向けのコースもあったのです!

現在わたしが知っている限りではそれが一番、簡単に入れて、授業のレベルも高く、安くアートを学べる方法だと思っています。

 

 

エミリーカー美術大学とは

f:id:ekotobanohana:20190511102721j:plain

英語名:Emily Carr University of Art + Design (ECU)

学士号、修士号、資格取得プログラム、そして一般向けコース(インディビジュアルコース)などがあります。1925年に創立されました。

カナダでの知名度も高く、クリエイティブな学校というイメージがあります。

カナダ出身のアーティストであるエミリー・カーにちなんで名付けられました。

数多くのアーティストを輩出しています。

 学べる分野

コミュニケーションデザイン、工業デザイン、インタラクションデザイン、イラストレーション、写真、ヴィジュアルアーツ、2Dアニメーション、3Dアニメーション、フィルム、ニューメディア、サウンドアーツなど多伎に渡る。

学士号(1年間)の場合の学費

$19,887 (約163万円)

日本の多摩美術大学だと約190万円なので、それと比べると高くはないのですが、やはりお値段はしますよね。

授業料についてのページ:https://www.ecuad.ca/assets/pdf-attachments/Undergraduate-Expenses-Overview-April-2019.pdf

 

一般向けコースを受けられる

学生だけでなく、社会人であってもエミリー・カーの授業を受けることが可能です。

どんなコースがある?

デザイン、ドローイング、ファインアート、イラストレーション、ペインティング、写真、プリントメディア、彫像、テキスタイル、ヴィジュアルアーツなどの項目からさらに様々なクラスに分かれています。

 

たとえばイラストレーションの項目であれば、選べるコースとしては

イラスト基礎、絵本、自然を描く、商業イラスト、ストップモーションアニメーション

などがあります。

期間

春、夏、秋のどれかの期間を選ぶことができます。

1つの期間は8週間ほどです。

またクラスによるかもしれませんが、わたしがとったコースは春の期間で2月14日〜4月4日までの8週間。1回で3時間(休憩約10分)だったので、合計24時間でした。

また、そのコースが夜7時からだったので学校とバイトどちらも休むことなく通うことができました。

費用

約$424(約3万4000円)です。

フルタイムで学校に通うことと比べると限りなくお金をおさえられます!

※コースによって費用の違いあり。

申請の仕方

留学生、美術の経験ありなしに関わらず誰でも申請することができます。

まずはHP上から、自分のとりたいコースを選んでみてくださいね。

メニュー上のAcademicsの中のIndividual Courses + Workshopsというのが一般向けの短期間コースになります。

https://www.ecuad.ca/academics/individual-courses-and-workshops

f:id:ekotobanohana:20190511133923p:plain

申請の手順についてのページ(英語)です。

https://www.ecuad.ca/academics/faculties-and-departments/continuing-studies/continuing-studies-registration

 

myECというサイトでIDを作ってからとりたいコースを選ぶとありましたが、わたしの場合はなぜか登録ができませんでした・・・。

ちなみにこのときまだカナダにいない状態で日本からの申請だったので、それが理由かもしれません。

そのときに、直接問い合わせのメールから登録できない旨を伝えるとすぐ返事がきて、別で申請フォームをもらい、それを提出しました。

メールの対応もすばやく、丁寧でフレンドリーだったのでとても好印象!

みなさんももしmyECでの登録ができないようでしたら、直接問い合わせをしてみてくさい。

 

※その申請フォームでは、住所をいれる必要があるのですが、わたしの場合はまだカナダでどこに住むか決まっていませんでした。それについて問い合わせたところ現在の日本の住所のままでも申請は大丈夫ということだったので、日本の住所を書いて申請しました。

 

どんな内容か

わたしはPicture Book Illustrationというコースをとりました。その名の通り、絵本のイラストについてのコースで、実際に絵本作家として仕事をしている方が教師でした。

f:id:ekotobanohana:20190511132120j:plain

生徒は15人ほど。

すでにイラストレーター、デザイナーとして活躍されている方もいて、才能ある人々に囲まれて緊張しました!良い出会いにもなりました。

 

f:id:ekotobanohana:20190511132123j:plain

パワポで、イラストの効果の説明をしてもらいました。

言葉はなくても、イラストだけで「時間」や「気持ち」が表現されているという話の写真。

 

f:id:ekotobanohana:20190511132126j:plain

 

切り絵のコンポジションや、ちぎり絵などのさまざまな手法について教えてもらいました。

写真は、わたしともう一人のクラスメイトと一緒に制作したものです。色や形の持つ攻撃性や怖さなどを表す授業でした。

 

f:id:ekotobanohana:20190511132214j:plain

水彩の塗り方について教えてもらいました。

グラデーションの作り方や、均一に塗る方法など。

 

今まで知らなかった絵本の知識や描き方の手法を学ぶことができました。

ただ、Photoshopの使い方の授業の日もあったので、すでにPhotoshopを知っているわたしにとってはつまらないと感じることもありましたが、それでも他の人が作っている作品を間近で見ることができたり、常に学びがありました。

 

授業はすべて英語だったものの、基本的にパワポや、実際の塗り方を見せてくれたり、ビジュアライズですべて説明してくれるので大きく混乱することはありませんでした。また、先生もわたしのことを心配してくれて、質問があったらいつでも連絡してね、という優しい対応をしてくれました。

アクセス

Emily Carr University of Art + Design

https://www.ecuad.ca/

520 East 1st Avenue
Vancouver, BC
V5T 0H2
Canada

 

Expo LineのMain Street-Science World Stationから歩いて15分くらいの場所になるので、基本的にバスで行く人が多いかと思います。

 

まとめ

難しい入学試験もなく、気軽に安い価格で現地のアートを学びたいという方にはぴったりの場所だったと思います。また、ワーホリや留学だと中々現地の人、なおかつ同じ趣味を持った人とのつながりを持つのは難しいですが、このコースをとっている人たちとは自然に知り合いになれます。貴重な出会いにもなるエミリー・カー美術大学、ぜひ行ってみてください。

  

Hanna

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村